デリヘル開業、風俗営業開業につき、ご相談下さい。風俗営業・デリヘル開業サポート風営法精通
デリヘル開業、風俗営業開業、その他各種、平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい(℡22:00まで)。手続き迅速、開業をサポートします。

■デリヘル開業手続き実績多数。デリヘル開業・風俗営業を予定されている方もご遠慮なくお問い合わせ、ご相談下さい。

090-8483-9508(SoftBank)

デリヘル開業

ご相談下さい。
■キャスト別報酬支払台帳テンプレート ■報酬支払明細書(日払い)テンプレート 
■従業者名簿(従業員名簿)(ドライバー・女性スタッフなど) ■業務委託契約書作成 ■雇用契約書作成 ■ホームページ作成 ■SEO対策

デリヘル開業届書き方見本(有償)デリヘル開業届 書き方 ひな型 見本

デリヘル開業につき、ご相談下さい。

■デリヘル事務所が見つからないという方、ご相談下さい。
■風俗営業以外の業種についてはこちらまで(総合案内)。総合案内

サポート充実。デリヘル開業届出・風俗営業許可申請手続きはもちろん、開業後に必要な書類もお任せ下さい。

HOME > デリヘル > デリヘル法令

デリヘル開業・風俗営業開業サポート updated 2018-05-07
遠慮なく他の同業者と比較してみてほしい。どれだけ僕が主張しているか。どれだけ僕がメッセージを持っているか。理解いただけるだろう。
もちろん、僕のメッセージは理屈なんかじゃない。理屈なんかどうでもいい。理屈なんか言いたくない聞きたくない。
こだわるべきは肉体、もしくは肉体的言葉だろ。なぜなら、女が絡んだ仕事だから。

デリヘル 開業 

デリヘル開業手続きにつきお任せ下さい。

開業後の経営プランもご提案させて頂きます。

デリヘル開業・風俗営業開業サポート



澁谷行政書士事務所/澁谷社会保険労務士事務所

090‐8483‐9508(SoftBank)
■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(℡~22:00)
■夜中の時間帯での相談も受け付けています。
■メールでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。
sr@shi-bu.sakura.ne.jp

この業界に理解のないヤツは手続に携わってはいけないと思う。ましてや、理解のあるフリをしているヤツなど最低だ。
同じく、女に評価されないヤツも、この業界と関わるべきではない。  


俺は客としてこの業界に携わってきたわけではない。今の仕事を始める前のことだ。
雄琴、河原町、梅田、祇園、十三、日本橋、難波、谷九、神戸、福原の店に顔を出すたびに金を貰い、盆と暮れにはお中元、お歳暮が届いた。
また、店に入る際は、いつも裏口から入っていた。女の子の控室では一緒にお茶を飲んだりしてたっけ。
だから今、この業界に精通していると、堂々と言えるんだ。そんじょそこらのヤツと一緒にしないでほしい。

デリヘル開業関係メニュー

■デリヘル開業サポートご案内デリヘル開業サポートご案内
■デリヘル事務所探しデリヘル事務所探し
■デリヘル開業届出手続デリヘル開業届出手続
■デリヘル開業サポートデリヘル開業サポート
■デリヘル開業アフターサポートご案内デリヘル開業アフターサポートご案内

■デリヘルホームページ作成ご案内デリヘルホームページ作成見本
■デリヘルデータベース作成ご案内デリヘルデータベース作成ご案内
■デリヘル開業Q&Aデリヘル開業Q&A
■デリヘル法令デリヘル法令
■業務委託契約書他作成業務委託契約書 雇用契約書 機密保持誓約書 服務規程

デリヘル法令

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(一部)

(営業等の届出)
第三十一条の二  無店舗型性風俗特殊営業を営もうとする者は、無店舗型性風俗特殊営業の種別(第二条第七項各号に規定する無店舗型性風俗特殊営業の種別をいう。以下同じ。)に応じて、営業の本拠となる事務所(事務所のない者にあつては、住所。以下単に「事務所」という。)の所在地を管轄する公安委員会に、次の事項を記載した届出書を提出しなければならない。
一  氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては、その代表者の氏名
二  当該営業につき広告又は宣伝をする場合に当該営業を示すものとして使用する呼称(当該呼称が二以上ある場合にあつては、それら全部の呼称)
三  事務所の所在地
四  無店舗型性風俗特殊営業の種別
五  客の依頼を受ける方法
六  客の依頼を受けるための電話番号その他の連絡先
七  第二条第七項第一号の営業につき、受付所(同号に規定する役務の提供以外の客に接する業務を行うための施設をいう。以下同じ。)又は待機所(客の依頼を受けて派遣される同号に規定する役務を行う者を待機させるための施設をいう。第三十七条第二項第三号において同じ。)を設ける場合にあつては、その旨及びこれらの所在地
2  前項の届出書を提出した者は、当該無店舗型性風俗特殊営業を廃止したとき、又は同項各号(第四号を除く。)に掲げる事項に変更があつたときは、公安委員会(公安委員会の管轄区域を異にして事務所を変更したときは、変更した後の事務所の所在地を管轄する公安委員会)に、廃止又は変更に係る事項その他の内閣府令で定める事項を記載した届出書を提出しなければならない。
3  前二項の届出書には、営業の方法を記載した書類その他の内閣府令で定める書類を添付しなければならない。
4  公安委員会は、第一項又は第二項の届出書(同項の届出書にあつては、無店舗型性風俗特殊営業を廃止した場合におけるものを除く。)の提出があつたときは、その旨を記載した書面を当該届出書を提出した者に交付しなければならない。ただし、当該届出書に受付所を設ける旨が記載されている場合において、当該届出書に係る受付所が、第三十一条の三第二項の規定により適用する第二十八条第一項の規定又は同条第二項の規定に基づく条例の規定により、受付所を設けて営む第二条第七項第一号の営業(受付所における業務に係る部分に限る。以下この款において「受付所営業」という。)を営んではならないこととされる区域又は地域にあるときは、この限りでない。
5  無店舗型性風俗特殊営業を営む者は、前項の規定により交付された書面を事務所に備え付けるとともに、関係者から請求があつたときは、これを提示しなければならない。

(広告宣伝の禁止)
第三十一条の二の二  前条第一項の届出書を提出した者(同条第四項ただし書の規定により同項の書面の交付がされなかつた者を除く。)は、当該無店舗型性風俗特殊営業以外の無店舗型性風俗特殊営業を営む目的をもつて、広告又は宣伝をしてはならない。
2  前項に規定する者以外の者は、無店舗型性風俗特殊営業を営む目的をもつて、広告又は宣伝をしてはならない。

(接客従業者に対する拘束的行為の規制等)
第三十一条の三  第十八条の二第一項並びに第二十八条第五項及び第七項から第九項までの規定は、無店舗型性風俗特殊営業を営む者について準用する。この場合において、第十八条の二第一項第一号中「営業所で客に」とあるのは「客に」と、第二十八条第五項中「前条」とあるのは「第三十一条の二の二」と、同項第一号ロ中「地域のうち」とあるのは「地域(第二条第七項第一号の営業にあつては同条第六項第二号の営業について、同条第七項第二号の営業にあつては同条第六項第五号の営業について、それぞれ当該条例で定める地域をいう。)のうち」と、同条第七項中「第五項第一号」とあるのは「第三十一条の三第一項において準用する第五項第一号」と、「第二十七条第一項」とあるのは「第三十一条の二第一項」と、同条第八項中「前条及び第五項」とあるのは「第三十一条の二の二及び第三十一条の三第一項において準用する第五項」と、同条第九項中「その営業所に立ち入つて」とあるのは「客となつて」と読み替えるものとする。
2  受付所営業は、第二条第六項第二号の営業とみなして、第二十八条第一項から第四項まで、第六項、第十項及び第十二項(第三号を除く。)の規定を適用する。この場合において、同条第三項中「第二十七条第一項の届出書」とあるのは「第三十一条の二第一項又は第二項の届出書で受付所を設ける旨が記載されたもの」と、同条第六項中「前項」とあるのは「第三十一条の三第一項において準用する前項」と、同項、同条第十項並びに第十二項第四号及び第五号中「営業所」とあるのは「受付所」とする。
3  無店舗型性風俗特殊営業を営む者は、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。
一  十八歳未満の者を客に接する業務に従事させること。
二  十八歳未満の者を客とすること。

(指示等)
第三十一条の四  無店舗型性風俗特殊営業を営む者又はその代理人等が、当該営業に関し、この法律又はこの法律に基づく命令若しくは条例の規定に違反したときは、当該違反行為が行われた時における事務所の所在地を管轄する公安委員会は、当該無店舗型性風俗特殊営業を営む者に対し、善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害する行為又は少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要な指示をすることができる。
2  無店舗型性風俗特殊営業を営む者又はその代理人等が、当該営業に関し、前条第一項において準用する第二十八条第五項第一号の規定に違反した場合において、当該違反行為が行われた時における事務所を知ることができず、かつ、当該違反行為がはり紙、はり札(ベニヤ板、プラスチック板その他これらに類する物に紙をはり、容易に取り外すことができる状態で工作物等に取り付けられているものに限る。以下この項及び第三十一条の十九第二項において同じ。)又は立看板(木枠に紙張り若しくは布張りをし、又はベニヤ板、プラスチック板その他これらに類する物に紙をはり、容易に取り外すことができる状態で立てられ、又は工作物等に立て掛けられているものに限る。以下この項及び第三十一条の十九第二項において同じ。)を前条第一項において準用する同号イに掲げる区域において表示することであるときは、当該違反行為が行われた場所を管轄する公安委員会は、当該違反行為に係るはり紙、はり札又は立看板を警察職員に除却させることができる。

(営業の停止等)
第三十一条の五  無店舗型性風俗特殊営業を営む者若しくはその代理人等が当該営業に関しこの法律に規定する罪若しくは第四条第一項第二号ロからヘまで、チ、リ、ル若しくはヲに掲げる罪に当たる違法な行為その他善良の風俗を害し若しくは少年の健全な育成に障害を及ぼす重大な不正行為で政令で定めるものをしたとき、又は無店舗型性風俗特殊営業を営む者がこの法律に基づく処分に違反したときは、当該行為又は当該違反行為が行われた時における事務所の所在地を管轄する公安委員会は、当該無店舗型性風俗特殊営業を営む者に対し、八月を超えない範囲内で期間を定めて、当該営業の全部又は一部の停止を命ずることができる。
2  公安委員会は、前項の場合において、当該無店舗型性風俗特殊営業を営む者が第三十一条の三第二項の規定により適用する第二十八条第一項の規定又は同条第二項の規定に基づく条例の規定により受付所営業を営んではならないこととされる区域又は地域において受付所営業を営む者であるときは、その者に対し、前項の規定による当該受付所営業の停止の命令に代えて、当該受付所営業の廃止を命ずることができる。
3  第三十一条の規定は、第一項の規定により受付所営業の停止を命じた場合について準用する。

(処分移送通知書の送付等)
第三十一条の六  公安委員会は、無店舗型性風俗特殊営業を営む者に対し、第三十一条の四第一項の規定による指示又は前条第一項若しくは第二項の規定による命令をしようとする場合において、当該処分に係る無店舗型性風俗特殊営業を営む者が事務所を他の公安委員会の管轄区域内に変更していたときは、当該処分に係る事案に関する弁明の機会の付与又は聴聞を終了している場合を除き、速やかに現に事務所の所在地を管轄する公安委員会に国家公安委員会規則で定める処分移送通知書を送付しなければならない。
2  前項の規定により処分移送通知書が送付されたときは、当該処分移送通知書の送付を受けた公安委員会は、次の各号に掲げる場合の区分に従い、それぞれ当該各号に定める処分をすることができるものとし、当該処分移送通知書を送付した公安委員会は、第三十一条の四第一項並びに前条第一項及び第二項の規定にかかわらず、当該事案について、これらの規定による処分をすることができないものとする。
一  当該無店舗型性風俗特殊営業を営む者又はその代理人等が、当該営業に関し、この法律又はこの法律に基づく命令若しくは条例の規定に違反した場合 善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害する行為又は少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要な指示をすること。
二  当該無店舗型性風俗特殊営業を営む者若しくはその代理人等が当該営業に関しこの法律に規定する罪若しくは第四条第一項第二号ロからヘまで、チ、リ、ル若しくはヲに掲げる罪に当たる違法な行為若しくは前条第一項の政令で定める重大な不正行為をした場合又は当該無店舗型性風俗特殊営業を営む者がこの法律に基づく処分に違反した場合 八月を超えない範囲内で期間を定めて、当該営業の全部又は一部の停止を命ずること。
三  前号に掲げる場合において、当該無店舗型性風俗特殊営業を営む者が第三十一条の三第二項の規定により適用する第二十八条第一項の規定又は同条第二項の規定に基づく条例の規定により受付所営業を営んではならないこととされる区域又は地域において受付所営業を営む者であるとき 当該受付所営業に係る同号に定める命令に代えて、当該受付所営業の廃止を命ずること。
3  第一項の規定は公安委員会が前項の規定により処分をしようとする場合について、第三十一条の規定は公安委員会が同項第二号の規定により受付所営業の停止を命じた場合について準用する。


澁谷行政書士事務所
090-8483-9508
お問い合わせメール:sr@shi-bu.sakura.ne.jp
メールはこちらまでお願いします

■ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。しばらくたっても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。

■当事務所は業界(風俗営業)に携わって十数年。開業手続きについては行政書士としての実績、宣伝広告においては出版業従事経験、開業後の経営労務については社会保険労務士としての知識において、幅広くサポートいたします。また、祇園での元店舗経営者です。まずはお問合わせ下さい。

ページトップへ

デリヘル事務所物件

当事務所にて物件検索(仲介先不動産屋紹介)を行っています(開業フルサポートにて)。以下、過去紹介例です。

■名古屋市内、デリヘル使用承諾可能物件(不動産屋)紹介例(過去に紹介した物件です)
→栄6.3万円・山王6.3万円・吹上6.3万円・吹上7.5万円・千種5.775万円・名鉄瀬戸線矢多8.5万円・金山5.5万円・南区4.5万円・天白区5.8万円他多数

■京都市内、デリヘル事務所使用承諾可能物件(不動産屋)紹介例(過去に紹介した物件です)
→四条大宮11.55万円・西院5.3万円・河原町10万円・左京区4.5万円・東山区4.2万円・東山区6.615万円・南区6.2万円・中京区8.5万円・中京区7.1万円・竹田4.2万円他多数

■大阪市内、デリヘル事務所使用承諾可能物件(不動産屋)紹介例(過去に紹介した物件です)
→日本橋4.6万円・日本橋4.5万円・西天満5.0万円・上本町11万円・新大阪4.5万円・西中島6.3万円・西中島6.825万円・西中島5.5万円・十三7.0万円他多数

■西宮市内、デリヘル事務所使用承諾可能物件(不動産屋)紹介例(過去に紹介した物件です)
→甲子園5.25万円・今津8.5万円

■岐阜市内、デリヘル事務所使用承諾可能物件(不動産屋)紹介例(過去に紹介した物件です)
→岐阜市7.5万円・岐阜市7.0万円(駐車場2台込)・岐阜市6.5万円・岐南7.3万円・岐南7.0万円・大垣4.295万円他

■岡崎市内、デリヘル事務所使用承諾可能物件(不動産屋)紹介例(過去に紹介した物件です)
→欠町4.8万円・欠町6.3万円・東岡崎7.18万円

■他エリア デリヘル事務所使用承諾可能物件(不動産屋)紹介例(過去に紹介した物件です)
→五反田(東京)18.0万円
→仙台本町7.5万円・立町15.0万円・立町25.0万円
→金沢4.5万円


※物件の契約は仲介不動産屋を介して行います。

※事務所検索(不動産屋紹介)のみは行っていません。

※京都南インター周辺物件について京都南インター周辺物件について

デリヘル開業までの流れ

※フルサポートの場合

当事務所依頼
↓(約1週間)
事務所検索(仲介先不動産屋紹介)
↓(約1週間)
事前相談・事務所賃貸借契約締結・使用承諾書交付
↓(約1週間)
電話設置依頼・プロバイダー契約・図面作成・届出書類作成
↓(約1週間)
届出書提出

届出確認書交付

営業開始
(※営業開始10日前までに届出書提出)

上記のように、開業フルサポートの場合、当事務所に依頼があってから、届出書提出まで早くて1か月を要します(早くて1か月とご予定下さい)。

※実際には、賃貸借契約の締結や使用承諾書交付にあたって、物件所有者や借主の保証人となられる方が遠方にお住まいの場合は、契約書作成が郵送でのやり取りになるため、契約締結まで1週間以上要することもあります。また、保証会社での審査期間を要することもあります。他、ホームページurl取得に時間を要するケースもあります。


デリヘル・風俗営業開業につきご相談下さい。
デリヘル・風俗営業開業サポート