デリヘル開業、風俗営業開業につき、ご相談下さい。風俗営業・デリヘル開業サポート風営法精通
デリヘル開業、風俗営業開業、その他各種、平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい(℡22:00まで)。手続き迅速、開業をサポートします。

■デリヘル開業手続き実績多数。デリヘル開業・風俗営業を予定されている方もご遠慮なくお問い合わせ、ご相談下さい。

090-8483-9508(SoftBank)

デリヘル開業

ご相談下さい。
■キャスト別報酬支払台帳テンプレート ■報酬支払明細書(日払い)テンプレート 
■従業者名簿(従業員名簿)(ドライバー・女性スタッフなど) ■業務委託契約書作成 ■雇用契約書作成 ■ホームページ作成 ■SEO対策

デリヘル開業届書き方見本(有償)デリヘル開業届 書き方 ひな型 見本

HOME > Message-2

デリヘル開業・風俗営業開業サポート updated 2018-05-07
遠慮なく他の同業者と比較してみてほしい。どれだけ僕が主張しているか。どれだけ僕がメッセージを持っているか。理解いただけるだろう。
もちろん、僕のメッセージは理屈なんかじゃない。理屈なんかどうでもいい。理屈なんか言いたくない聞きたくない。
こだわるべきは肉体、もしくは肉体的言葉だろ。なぜなら、女が絡んだ仕事だから。

デリヘル 開業 

デリヘル開業手続きにつきお任せ下さい。

開業後の経営プランもご提案させて頂きます。

デリヘル開業・風俗営業開業サポート



澁谷行政書士事務所/澁谷社会保険労務士事務所

090‐8483‐9508(SoftBank)
■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(℡~22:00)
■夜中の時間帯での相談も受け付けています。
■メールでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。
sr@shi-bu.sakura.ne.jp

それでも僕らはみんな、生きている


「先生は、どうしてそんなに詳しいんですか?」
 あるデリヘル開業手続きの依頼者、相談時、少々驚かれたようです。実際、相談においては、単に警察への届出に関することだけではなく、他にも様々な質問を受けます。例えば、税金や源泉徴収などについてもそのひとつ。そして、相談者の多くが「他の開業者はどのようにしているんですか?」と尋ねてきます。

 僕の場合、実績、職歴が伴って、業界に精通していると自負しています。実際の開業者の話は、実績を重ねなければ知ることができません。また、行政書士開業以前も、風営法に関する業界に携わっていたことが、現在の仕事に大きく寄与しています。今では風営法に関して週刊誌からコメントを求められることもあります。

 一方、この業界に精通した行政書士なんて、けっして品がいいものではないことも自負しています。実際、クラブなどの風俗営業の許可は引き受けても、デリヘルについては断っているという同業者もいます。僕自身も、正直言うと、開業当初はこの業務を避けていました。ですが、結局戻ってきてしまったのは、格好良く言えば、表と裏のボーダーライン上で両方の世界を垣間見てきたスタンスによるものかもしれません。

 デリヘルについてはお断りという行政書士が思い描いている依頼者の実像と、僕のところに依頼に来られる方の実像では、実は大きな隔たりがあります。そこには、僕にとっては無視できない状況があるがゆえ、掲示板で「最低の行政書士」と罵られながらも、この業務を続けている所以です。

 いずれにせよ、みなさんとは「縁」があるか否か。最近では、東京からの相談者も増えています。2010年初春、それでも僕らはみんな、生きているーー。


澁谷行政書士事務所
090-8483-9508
お問い合わせメール:sr@shi-bu.sakura.ne.jp
メールはこちらまでお願いします

■ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。しばらくたっても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。

■当事務所は業界(風俗営業)に携わって十数年。開業手続きについては行政書士としての実績、宣伝広告においては出版業従事経験、開業後の経営労務については社会保険労務士としての知識において、幅広くサポートいたします。また、祇園での元店舗経営者です。まずはお問合わせ下さい。

ページトップへ

金はない。当たり前だ。好きなことやってるから。
それでもなんとかなっている。家族もいるさ。ストレスなんかありゃしない。人に使われてもいやしない。
俺が好きな連中もそうだった。むしろ、いつしか仲間入りできたような感覚を嬉しく思おう。
鬱陶しいことは多々あるさ。所詮は狭い業界、狭い土地柄、横からチャチ入れてくるヤツもいる。
されど、今さら自分のスタイル、ポジションを変える気は毛頭ない。変えられもしないだろう。
今さらしょうもない生き方をしたら、昔の女に、そして今の女に笑われるから。